• o0200020013372500852
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

COPYRIGHT2016 (C) M-GLANZGOLF. ALL RIGHTS RESERVED.

ドライバーヘッド

JB501Dr de l'evolution

国産プレミアムβチタンの最高級の新しい板材を用い、フェースの裏側にも特許のスコアラインを増設。

反発としては大変高すぎるために、あえて板材を厚くし反発を抑え、弾道を落ち着かせて最適化。

JB501Dr以上のコストになったフルチタンボディーのソール部分には、バウンス機能を持つダブルレール(下駄) を設計。しかも、比重の重い鍛造のステンレスとし、削り出しで究極の重心設定を可能に。フルチタンのドライバーのソールに削り出しのパターがついてるのと同等のコスト。

驚くべきはFwとして脅威の有効打点面の広さ。 通常、国内流通のほぼ99%のフェアウェイウッドが、重心位置は下から80%前後の位置で、有効打点エリアは20% 弱となっています。さらにライ角が59度前後に加え、ソールのヒール部からの芯への距離が高すぎて、実際には多 くのプレーヤーがベストの弾道を得られていないのがフェアウェイウッドというクラブ。JB503Fwでは、重心高を位置を下から47%まで下げることに成功し、有効打点エリア面積は53%。 

求めるスイングはアッパーブローではなくレベル~ダウンブロー。

JB701Dr

ロフト表示のない超低反発モデル。

アメリカ先行発売の7シリーズ(world model)待望のドライバー。

ディープフェース+セミハイバックで、JB503Fw3採用の「Both Side Slit Technology」をドライバーに搭載。

逆にフェース板を厚くし、フェースの薄さの反発で生じる無駄な初速とスピンを絶妙に抑制。バックフェースはパワーリブ設計。究極の強弾道を得るためだけに設計しました。フェースの弾き、反発で飛ばす・・・という定義とは真逆の設計思想になります。フェースの撓みとボールの潰れの最良バランス+究極の黄金比設計は完全なツアー支給仕様。

JB301Dr Nouvelle Vague

弾丸ライナーで飛距離を追求したローロフト専用の701に対し、こちらは高弾道低スピンでの飛距離を追求したハイロフト専用ヘッド。徹底的に理想の高打ち出しを追求、ヘッド形状にこだわり抜き、インパクトを徹底的に科学分析。テストを重ねることによって、設計値をさらに昇華させ続けて、異常値とも言える設計値にたどり着きました。

あくまでも、ジャン バティストは現場での結果至上主義。机上の設計値を現場で平気で変更し【データ上で飛ぶ可能性のあるヘッド】ではなく、【飛距離が最も出たヘッドを設計値】としています。軽量で作るベースヘッドで、ひたすら重心位置を変更しながらのコースでの打球テスト。だからこそJBはコースでこそ、必ず結果を出し続けます。

テスト段階から藤田さいきプロが驚愕、絶賛し、試合での使用を待望した超飛距離追求型のハイロフト専用ヘッドとなります。

フェアウエイウッド

JB503Fw3

国産プレミアムβチタンの最高級の新しい板材を用い、フェースの裏側にも特許のスコアラインを増設。

反発としては大変高すぎるために、あえて板材を厚くし反発を抑え、弾道を落ち着かせて最適化。

JB501Dr以上のコストになったフルチタンボディーのソール部分には、バウンス機能を持つダブルレール(下駄) を設計。しかも、比重の重い鍛造のステンレスとし、削り出しで究極の重心設定を可能に。フルチタンのドライバーのソールに削り出しのパターがついてるのと同等のコスト。

驚くべきはFwとして脅威の有効打点面の広さ。 通常、国内流通のほぼ99%のフェアウェイウッドが、重心位置は下から80%前後の位置で、有効打点エリアは20% 弱となっています。さらにライ角が59度前後に加え、ソールのヒール部からの芯への距離が高すぎて、実際には多 くのプレーヤーがベストの弾道を得られていないのがフェアウェイウッドというクラブ。JB503Fwでは、重心高を位置を下から47%まで下げることに成功し、有効打点エリア面積は53%。 

求めるスイングはアッパーブローではなくレベル~ダウンブロー。

JB701Fw 4w/5w/6w

従来の7wは、女子プロでさえ高さが出過ぎて縦の距離のコントロールが難しく、スピンも不安定で風の影響も受けやすいクラブでした。ヌーヴェルヴァーグと名付けられた、この6wという新しいヘッドは、5wに近いロフトで、7wの長さで高さを出し過ぎずに、ユーティリティー並みの方向性を確保。圧倒的な抜けとライを選ばない特徴的なソール、強めの中弾道で風に強く、スピンでグリーンに止められるなど、理想のショートウッドとなりました。

さらに、この6wを飛距離的に進化させる形で4wを開発。重心設計をヘッド形状ごと見直し、4wの高さで、3w並みの飛距離を実現。3つのウェイトで重量設定は自在。常識を覆し、新しい時代の幕開けにつながる4&6w。

この新しい波がスタンダードへとなる日が来ます。

​ユーティリティー

JB701HB3 / HB4

ジャン バティスト ブランドを立ち上げる前に、どうしても創りたかったのが、ハイブリッドヘッドでした。理由は、これだけ多くのメーカーが存在しながらも、本当の意味で使いたいと思えるヘッドが市場に無かったため。それでも、数値的な理想は図面としてありながら、JBブランドのラインナップの中で、一番最後に出そうと考えておりました。ブランドは一番最初にリリースしたモデルがイメージになります。UTから出しても、パターだけ出しても、一番製造が簡単なウェッジから出しても、ドライバーが売れるまでには10年はかかります。ただ、一番最初にドライバーを出し、それが評価を得られれば、ブランディング、マーケティング戦略を“ぶらさず”に計画通り行うことで、すべてのアイテムの評価が得やすく、かつ様々なアイテムを販売店様が販売しやすくなると考えます。

よって一番自信のあるアイテムを、あえて最後に準備させていただきました。

すべてのアイテムやコンテンツにおいて、ヒューマンテストを重視し、徹底した現場結果主義を貫いてきた結果が、すべてのアイテムの評価につながったと思います。そのギアの集大成が、一番自信のあった今回のユーティリティーとなります。可能な限り価格も低めに設定させて頂きました。このアイテムがJBの入り口になるユーザー様もいらっしゃれば幸いです。

​アイアン

JB502CBI / JB502MBI

【設計コンセプト】

・ゴルフ史上歴代及び今後も含めて、

 性能及び機能での究極の軟鉄鍛造ヘッドを創る。

・完全プロユースでありながら、アマチュアでも十分使いこなせる

 やさしさを保持する。

・抜けの良さ、飛距離、打感、方向性、スピン、操作性の

 すべてを高次元で融合させる。

・ツアーの現場及びアマチュアの1シーズンにおいて、

 弾道微調整をヘッド装着のまま可能にする。

・究極の製造工程を経て、究極の製造精度を目指す。

・名器と評価され、モデルチェンジのない

 10年以上のロングセールスを目指す。

・洗練されたJBらしい機能美的デザインで

 世界一のデザインと評される様なヘッドを目指す。

【性能面の究極ポイント】

・軟鉄鍛造品のノーマルロフト設計での最高の飛距離性能。

・軟鉄鍛造ヘッドとして、コントロー性を含むプロユースであること。

・砲台グリーンやコンパクションの高いグリーンでも

 しっかり止められるスピン性能を有する。

・高さと強弾道の両立。高さがありながら、

 アゲインストや左右の風に流されにくい。

・STD品でセミフラットフェース(10μ前後)の平面制度を有する。

・ナノフラットフェースもご用意。

・プロユースでありながら、優しい抜けの良いソール形状の効果で

 アベレージゴルファーでも使用可能。

・必然的にハンドファーストのダウンブローのインパクトの

 会得につながるソール形状。

・独自のホール設計キャビティ設計により、

 マッスルに見えながらも広いスイートスポットを有する。

【究極の製造工程】

・日本国内産のS20Cにて、オリジナルの金型から鍛造にてヘッド成形。

・鍛造後のヘッドは、通常、研磨作業でだけで終わるが、

 さらに日本製の超高精度ミルドマシンによりネック周りを残し、

 CNCミルドにて高精度に削り出し。

・CNCミルド後のヘッドを世界一の新潟の研磨師によって、

 顔出し研磨と重量の微調整研磨。

・独自にR&Aにスコアライン彫刻の申請を済ませている

 国内有数の彫刻師によりスコアライン彫刻。

・国内最高レベルのメッキ工場にて、できるだけ誤差の少ない

 1層の20μ硬質Crメッキを施します。

・3箇所のホールキャビティ内に重心、重量の可変な

 4種のウエイトを調合して装着。

・フェースの仕様は2種類

セミフラットフェース(スタンダードフェース)

10ミクロン前後の平面精度ナノフラットフェース(平面加工フェース) 

硬質クロム、ノーメッキ、無電解Niセラミック複合からお選びいただけます。

ウエッジ

JB702PW / JB502MW / JB702TW

PWは、完全ウェッジ設計です。重心高は24mm

アイアン型同等の飛距離を出しながら、スピンを増し、抑えた時に左に行かず、何よりもグリーン周りのアプローチで最大の効力を発揮します。距離のあるバンカーもテスト済みで十分使えます。

JB702PW 45°

JB502MW 51°/57° マルチウエッジ

JB702TW 52°/58° ツアーウエッジ

ナノフラットフェイス

JB502Iron​

超精密平面精密加工

世界をリードする国内での最先端の加工技術を用いて、ナノレベルまでウェッジ、アイアンのフェース面を究極に平面出しした加工です。世界のウェッジ、アイアンの常識を変えていきます。

パター

JB502P

日本製の超精密な削り出しが可能なCNCマシンで贅沢に6時間以上かけて、一つのインゴットから1個だけ削り出します。

切削精度と切削後の美しさ、質感を高めるため、あえて宝飾品や医療器具にも使われるサージカル系sus304をチョイス。

sus303は非常に削り作業がしやすい事から多くのメーカーが採用していますが、Gautierとしては鍛造304を選択しています。

打感に関しては、ネック一体成型、そしてディープミーリングフェースにより、まるで糸巻きボールを打っているような感覚になります。

十分にトゥヒールに重量配分していますので、あえてバックフェースもキャビティを廃した結果、更なる打感の向上につながっています。

打ち出しがスローで、順回転で落ちついた転がりもあり、タッチを重視する上級者に好評を得られるように開発しています。

JB701P1 / P2

フランスの謎に包まれた伝説として語り継がれるサン・ジェルマン伯爵にちなんで名づけられたネーミングは、5シリーズの鍛造ステンレスに対し、軟鉄鍛造のインゴッドからのCNC削り出し。

フェースミーリングではなく、ソリッドなタッチで内国産軟鉄鍛造のフィーリングを最大限生かしたヘッドになります。ネックは一体成型。

USPGAツアーでのトレンドのロフトである2.5°に設定し、フィッティングは最小限に留めての理想の吊るし品パターを目指して製作されました。

バミューダや複雑な目のあるベント、国内では重いグリーン、コーライでも力を発揮します。

タングステンのウェートの脱着により、若干ではありますが、重心位置及び重心角、タッチ、ヘッド重量を微調整できます。

極限まで高めた順回転を理想とし、カップへ潜るかのような入り方をするのが特徴です。テストによって、テークバックのしやすさ、芯のある打感、フィーリングの出しやすさなど、絶賛いただきました。

緻密なフィッティングの弊害がパターには宿ります。そのために、あくまで「究極の吊るしパター」として、認識いただければと思います。

なお、既存のJB501P(鍛造304sus)は、JB502Pとしてマイナーチェンジとなります。デザインはそのままに、タングステンウェートがバックフェイスに6カ所設定されます。

JB301pt

人間の最もナチュラルなパッティングストロークに合うように設計した結果、構えて適当に打って最も良く入る・・・そんなパターに仕上がりました。さらにアタックアングルがマイナスでブレーキボール、プラスでは強烈な転がりの良さを実現できるマニュアル仕様のフェースミーリングを採用し、パッティングの極限のボールコントロールを可能にしました。特筆すべき点は、タングステン2g×12か所の装着ホールを設定。最大24gの重量変更が可能です。標準装着の12gの自在な配置により、重心角までも変更可能出来ます。まさに究極のツアー仕様パターとなります。

​シャフト

JB-bassaraW & Avant-Garde

JB用スペシャルカラーの特殊イオンプレーティングを施した三菱レイヨン社製、bassaraとJBオリジナルシャフトブランドのアヴァンギャルド。

アヴァンギャルドは、FSP社によってハンドメイド。

究極の高性能スタンダードシャフトとして設計しています。

キャディーバック

JB CB2018 

・多数の国内ツアープロ用バッグ製作の工場で製造。

・1mで1万円するYKKエクセラゴールドファスナー採用。

・ルイ・ヴィトンを始め、世界的なバッグのトップブランド採用。

・スムーズかつ故障の無い恒久使用可能なファスナー。

・金具類は本金メッキ採用。輝きの本物感がまったく違います。

・スタンドながら、ツアー仕様として容量も最大限確保。

・JBのバッグで大変好評なダブルストラップショルダー。

・6分割8.5口径

・重量は4.9㎏

・スタンドは市販品で最も耐荷重の優れたアルミタイプを採用。

・直立での安定感にも最大限配慮。

・本物のレザーと見間違う程の質感のフェイクレザーPVC生地採用。